お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
料金・プラン等につきましては後日改めてご案内いたします。詳しくはこちらの お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

14

【開催延期】|【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実

Gaudiyの生成AI/LLMチームが研究開発を通じて感じた、LLMの可能性と難しさをお話しします。

Organizing : 株式会社Gaudiy

【開催延期】|【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実
Hashtag :#gaudiy_LLM
Registration info

オンライン参加(無料)

Free

FCFS
57/80

Attendees
Magatoki
usagisan2020
Bobty1009
koichi222
dubianhaozhi
inaniwa
OTO-SUN
かがみもち
mfreeman59
shingos
View Attendee List
Start Date
2023/11/14(Tue) 19:30 ~ 21:00
Registration Period

2023/11/02(Thu) 16:31 〜
2023/11/14(Tue) 21:00まで

Location

オンライン

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

申し込み・視聴方法

  • connpass画面「このイベントに申し込む」よりご登録ください
  • 当イベントは、Zoom にて配信予定です
  • 開催当日の朝、メールにて視聴URLをお送りしますので必ずご確認ください(※connpassページの「参加者への情報」にも記載します)

イベント概要

日々、急速な進歩を遂げるAI/LLM。その技術をプロダクトに活用するための動きが、各社で盛んになっているのではないでしょうか。

Gaudiyでは、今年の4月に生成AI/LLMの研究開発専任チームを設立して以来、「画像生成AI」「レコメンドエンジン」「Generative Agent」の3分野を重点領域として研究開発を進めています。

本イベントでは、チームのプロジェクトオーナーである北川とフロントエンドエンジニアのseyaが、チーム発足の背景から、実際のプロダクト開発を通じて得られたLLMの可能性と難しさまでをお話しします。

こんなエンジニアの方におすすめ

  • AI/LLMの新しい技術やツールについてキャッチアップしたい方
  • AI/LLMを活用したプロダクト開発のなかで課題を抱えている方
  • GaudiyのAI/LLM領域の取り組み内容に興味がある方

開催概要

  • 日程:2023年11月14日(火)19:30〜21:00 (5分前から入室可能です)
  • 開催場所:オンライン(Zoom・申込者にURLを後日ご案内します)
  • 参加費:無料
  • 申し込み方法:connpass画面「このイベントに申し込む」よりご登録ください

タイムテーブル

※時刻は目安です。当日の進行により前後する可能性があります。

時刻 内容
19:25 開場
19:30 ~ オープニング
19:30 ~ 19:35 登壇者紹介
19:35 ~ 20:05 セッション #1「AI/LLMチームの発足背景と、重点領域における取り組みのご紹介」
20:05 ~ 20:35 セッション #2「プロダクト開発を通してみえた、LLMの可能性と難しさ」
20:35 ~ 20:55 Q&A
20:55 ~ 21:00 クロージング
21:00 終了

登壇者・各セクションの見どころ

🗣️ #1|AI/LLMチームの発足背景と、重点領域における取り組みのご紹介

北川 和貴(@k2_rod)

2007年〜2020年まで大和証券でクオンツとしてアルゴリズム取引の開発・運用業務を経験。2020年〜2022年、OLTAで与信モデルとリスク管理システムの開発。2022年10月にGaudiy入社。現在は、レコメンドエンジンの設計・実装や生成AI・Agentシミュレーションを行うAIチームのマネジメントに従事。

11名のメンバーからなるAIチームは、(ほぼ)全員が初心者の状態からスタートし、研究開発を重ねながらプロジェクトを推進しています。 事業や技術の観点で、我々が提供するコミュニティサービス内のどのような課題を解決する手段としてAI/LLMの活用を検討しているのか。また、重点領域とする「画像生成AI」「レコメンドエンジン」「Generative Agent」において実際にプロダクトで扱った例をご紹介し、それを通して見えた、今後挑戦していきたいことについてもお話しします。

📰参考記事

🗣️ #2|プロダクト開発を通してみえた、LLMの可能性と難しさ

seya (@sekikazu01)

2023年6月Gaudiy入社のソフトウェアエンジニア。基本的にはフロントエンドエンジニアだったはずだが、LLM周りの開発が楽しくて最近は LLMOps と Python バックエンドエンジニアになりつつある。もうすぐ一歳になるかわいい猫(サイベリアン♂️)と暮らしている。

実際に開発を進めるなかで、LLMの可能性と難しさを日々感じています。予想を上回るGPT−4のAPI利用料、プロンプトチューニングにかかるコスト増大、コールドスタート問題など…。課題もさまざまですが、それと同時に、AIを育てることの楽しさや、無限の可能性を感じるUX作りなど、ワクワクするような発見もたくさんありました。開発の現場で感じることや、チームのエピソードについて、お話しします。

📰参考記事

Gaudiyについて

企業情報

Gaudiyは「ファンと共に、時代を進める。」をミッションに掲げるWeb3スタートアップです。ブロックチェーンや生成AIなどの先端技術を活用して、ファンが国境を越えて自分の"好き"や"夢中"で共創する経済圏「ファン国家」の実現を目指しています。現在、大手エンタメ企業向けファンコミュニティプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」の開発・提供や、あたらしい金融を研究・開発する「Gaudiy Financial Labs」の運営を行っています。日本の強みを活かしてグローバルに挑戦していきます。

プライバシーポリシー

※ご提供いただいた個人情報は、イベントの運営・管理、イベントの改善又は新規企画のための分析、当社の採用情報等のご案内で利用いたします。

プライバシーポリシー

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

【開催延期】|【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 has been canceled. You cannot attend this event.
You can ask questions to the event organizer by writing a comment on the event page.

11/14/2023 10:17

Group

Gaudiy

ファンと共に、時代を進める。

Number of events 16

Members 1589

中止

2023/11/14(Tue)

19:30
21:00

Registration Period
2023/11/02(Thu) 16:31 〜
2023/11/14(Tue) 21:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Organizer

Attendees(57)

Magatoki

Magatoki

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

usagisan2020

usagisan2020

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

Bobty1009

Bobty1009

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

koichi222

koichi222

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

dubianhaozhi

dubianhaozhi

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

inaniwa

inaniwa

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

OTO-SUN

OTO-SUN

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

かがみもち

かがみもち

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

mfreeman59

mfreeman59

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

shingos

shingos

【for AI Engineer】LLMプロダクト開発の理想と現実 に参加を申し込みました!

Attendees (57)